育毛剤 口コミ 人気ベスト10

紫外線の頭皮及ぼす影響はどのくらい?

紫外線の頭皮及ぼす影響


紫外線というとシミやそばかすや 皮膚ガンの原因となり肌にとって大敵です。

また、光老化といって紫外線が肌の奥に入り込み、徐々に細胞を壊していくのです。
人の肌に当てるという以外ではよい影響もあります。

それは殺菌作用があるので洗濯物や布団など干すことで微生物を殺すことができます。

肌に悪いということはもちろん頭皮や髪にとっても与える影響がは最悪です。
毛のタンパク質を構成するシスティンという部分にダメージを与え、キューティクルを奪い枝毛や切れ毛に繋がったり、
皮脂も過剰に分泌されることになったりと頭皮トラブルのもとになります。

また、白髪を発生させる原因にもなります。
しかし、顔などに塗る日焼け止めを頭皮に塗ることはできません。

また、妊娠中や生理前の人は、ホルモンバランスが紫外線に影響して、シミ、ソバカス、肝斑などがでやすくなります。
紫外線から頭皮を守る方法としては、以下のようなものがあります。

・帽子をかぶる 
注意点としては、きつめのものや厚手のものは、蒸れて汗をかくので余計悪影響を及ぼすことになるので、薄手のものやメッシュなど通気性のよいものを選びましょう。

・日傘
帽子よりもこちらの方が頭皮に汗をかく心配もないので女性は日傘がおすすめです。
最近は男性用の日傘も売られています。

・分け目を定期的に変える
いつも同じ場所で髪を分けているとそこばかりに紫外線が当たり、
負担も増えます。定期的に分け目を変えるようにしましょう。

・ヘアスプレーを使う
UVカット効果のあるヘアスプレーがというものがありますので、お出かけ前に一拭きするとよいでしょう。 紫外線は夏が強いイメージがありますが、5月頃から強くなります。また曇っていても十分影響を受けますので、
雨の日以外は対策をすることをおすすめします。


帽子は薄毛につながる!?その真相は?


よく帽子をずっと被ると薄毛になりやすい、ということを聞いたことがあるかと思います。

かっこよく、または、かわいくなりたくて帽子を選かぶっているのに、結果的に髪が抜けて見た目に自信がなくなることに繋がってしまっては、本末転倒です。

具体的に帽子は頭皮や髪にどんな影響があるのでしょうか。

ひとつは、帽子を被り続けると通気性が悪くなり頭皮やムレて汗をかきます。
そうなると皮脂が過剰に分泌されることになり、抜け毛に繋がります。

ふたつめは、きつめの帽子を被ることで血流を圧迫してしまいます。
血の巡りが悪くなると、栄養がいかなくなるのでこれもよくありません。

みっつめは、帽子は型くずれをしてしまうので、洗濯機で洗うことはできませんので、雑菌が溜まりやすくなっています。それを密封状態で頭皮に圧迫させます。
そこに汗をかき毛穴が開くワケですからよいわけがありません。

帽子を被った後は、ファブリーズなどの除菌・消臭剤をしておいたり、日干ししておきましょう。

しかし、長時間、または室内でも被り続けるなどしなければ、そこまでの負担にはなることはないので、こまめに脱いで通気をよくしてあげることが一番大切です。

逆に帽子にはメリットもあります。夏の強い直射日光や紫外線を防いでくれますし、冬の寒い時期には防寒や乾燥対策にもなります。

どちらも頭皮にも非常によくなく、抜け毛につながるものです。

夏におすすめなのはキャップやストローハットなど通気性がよいもの、冬にはニット帽などがおすすめでしょう。

あとは、長時間帽子を被って帰宅したあとは、丁寧にシャンプーをするようにしましょう。

帽子は頭皮に悪影響の被り方を意識して避けることで、味方にもなってくれるのです。
また、場所によっては帽子を脱がないことは失礼にあたることもありますので、
TPOをわきまえておくことも必要です。



育毛剤 口コミ 人気ベスト10