育毛剤 口コミ 人気ベスト10

男性の更年期障害の症状

気分がうつっぽい…それは男性の更年期障害の症状かも


女性特有のものと考えられがちな更年期障害ですが、実は男性にもあります。
まだまだ認知度が低く、不調の原因が更年期障害にあると気付かず、ひそかに悩まれている方も多いのが現状です。

男性の更年期障害の症状の特徴として挙げられるのは、精神症状が強く出やすいことでしょう。疲労感や倦怠感が引き起こされ、うつ症状が強くなるため、うつ病と間違うことがあります。

40代以降で、疲れがなかなかとれない、気力や集中力が落ち、仕事や趣味に対する興味がなくなるといった症状が見られたら、一度、更年期障害を疑ってみると良いかも知れません。

男性の更年期障害も、女性と同じく加齢によるホルモンの減少から引き起こされます。ただし減少するホルモンは男性ホルモン(テストステロン)です。テストステロンのピークは20代で、以降、徐々に下がってゆきます。

テストステロンには、男性らしい筋力や骨格を保ち、精神活動を活性化し、やる気を出させる作用があります。また、子孫を残す機能、血管の健康を保つ機能もあります。

よってこれが不足すると、先ほど挙げたうつ症状のほか、筋力の低下や筋肉痛、ほてり、動悸、頭痛、めまいなどの身体症状や、EDや性欲減退を招きます。

脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まる恐れがあり、「ただの加齢現象」として侮れるものでは決してありません。 治療としては注射によりテストステロンを補うホルモン補充療法があります。

大変効果的なのですが、前立腺ガンや前立腺肥大症のリスクが高まるとされており、治療には医師との十分なカウンセリングが必要です。 ホルモン補充療法に抵抗がある場合、漢方薬による治療も効果的です。

最近では男性のための更年期外来もあり、相談もしやすくなっています。 日常の生活の見直しも更年期障害対策として有効です。乱れた生活リズムは更年期障害を悪化させるため、十分な睡眠と、適度な運動を心掛けましょう。 食生活はテストステロンの生成を補助する亜鉛多く含む牡蠣や魚介類、ナッツ、レバーを、ビタミンCと共に摂取するのがお勧めです。


育毛剤 口コミ 人気ベスト10