育毛剤 口コミ 人気ベスト10

薄毛 AGA治療

薄毛に効果的なAGA治療


薄毛のタイプ


抜け毛の増加による薄毛で悩んでいる場合、その原因が男性型脱毛症であるAGAであればAGA治療を施すことによりその進行を食い止めることも可能になります。

AGA治療は髪の毛が抜ける原因となる男性ホルモンのテストステロンとそれに結びつくことで抜け毛を誘発する5αリアクターゼの活動を抑制することにより抜け毛を防止することができるのです。

テストステロンと5αリアクターゼが結びすくことでジヒドロテストステロンと言う抜け毛を増長するホルモンができるのですが、現在医療機関でAGA治療を行った場合にはジヒドロテストステロンの発生を阻害することが出来るフィナステリド配合のAGA治療薬を処方してもらうことが出来ます。

この処方薬はプロペシアやフィンペシアと呼ばれる薬となり、毎日服用することにより5αリアクターゼの活動を抑制出来ます。

しかしこのフィナステリドを使用したAGA治療には抜け毛を防止できると言うメリットがあるとともに、デメリットもあるためそのデメリットを知ったうえでAGA治療を行う必要があります。


AGA治療を受けるには検査が必要になり、検査は医療機関で受けることができます。

検査費用は無料のクリニックが多いのですが、費用が掛かることもあるので最初のカウンセリングの時に確認する方が良いです。

治療薬はプロペシアとミノキシジルを処方してくれます。

プロペシアはフィナステリドが主成分で男性ホルモンに作用します。
治療の期間ですが、6ヶ月から3年と個人差があります。

早い人で治療開始から3ヶ月ほどで効果が現れます。しかし、これは3割り程度の薄毛の症状が軽い人の場合です。6ヶ月〜3年での治療で8割ぐらいの人が効果を実感できます。

1年間変化がなくても3年以内には効果が現れます。長期に渡る治療ですが、長い人生の内の3年間で薄毛の悩みから開放されると思えばそんなに負担になることはないです。この治療は自由治療になりますので、保険が適用されません。



一般病院の方が安く済むのですが、AGA専門のクリニックの方が専門の機材があったり、AGAを受ける患者さんが一般病院より多いので経験豊かなスタッフが揃っているというメリットがあります。

長年薄毛に悩んでいる人や薄毛を治療することに積極的な人は、AGA専門のクリニックに行くのがおすすめです。

AGA治療のデメリットとは


デメリットとなるのはやはり費用面と副作用で、費用に関しては医師の指示による処方で薬を購入することが出来ますが、 全て実費になります。

毎月の治療に掛かる金額はAGA専門のクリニックで1万5千円から3万円、一般病院では8千円から1万5千円です。保険は適応外です。

AGA治療薬は継続的に使用しないと効果を得られませんし、服用をやめればまた抜け毛が増え始める為、薬の服用を辞めることが出来ません。

1年間使用し続けた場合には10万円以上の費用が必要となりますし、定期的な診察も必要となるので診察費も別途支払わなければいけません。

副作用に関しては男性ホルモンを抑えることによることで気分の落ち込みや勃起不全、精子の減少や皮膚のかゆみや腫れといった症状が現れることもあります。

特に気分の落ち込みは酷くなると躁鬱になることもありますので非常にデメリットが大きい可能性もあります。


また、絶対に女性が服用してはいけません。男性専用のお薬です。

また、献血を定期的にしている人も居るかと思いますが、服用中はできないので注意してください。

ミノキシジルは血管を拡張し、栄養分を髪に行き渡りやすくします。一時的に抜け毛があったり体毛が増えることもあります。

いずれも、副作用の症状があった場合は早めに医師に相談することが大切です。
そのため副作用が起きる可能性があるということを理解した上でAGA治療を行わなければいけません。

それとAGA治療を行ったとしても100%AGAが治ると言うわけではありませんし、人によっては治療薬の効果がほとんど得られないというデメリットもあります。

これはAGA治療を行ってみないと効果があるかどうかわかりませんので費用が無駄になるということも頭に入れておくことが必要です。



髪を生やす方法



育毛剤 口コミ 人気ベスト10